>

資源の無駄遣いを避けるために

森林を守る取り組み

紙を使った後は、燃えるゴミの日に捨てている人が見られます。
しかし紙は資源ゴミと呼ばれる種類に含まれ、再利用できる存在です。
回収してもらうことで、新しい紙に生まれ変わります。
紙を再利用すると、無駄に資源を使わなくて良いので森林の伐採を食い止められます。
1人1人が意識しないと、地球環境が悪化してしまいます。

新聞紙や雑誌なども同じように、回収してもらうのが良い方法です。
紙にメモをする場合は、裏まで使ってください。
スキマがないくらい使ってから再利用することで、紙の消費量を減らせます。
まずは無駄に紙を使わないところから、実践することがリサイクル活動に繋がります。
みんなで、地球を守る意識を持ってください。

ペットボトルや缶などを再利用

飲み物が入っていることが多いペットボトルや缶も、再利用できるものです。
街中にゴミを回収する箱があるので、飲み終わったらそこに入れてください。
それだけで資源を再利用できるので、地球環境を守れます。
ペットボトルは、衣料品になることもあります。
缶は自動車や電子機器の部品になることも多いので、欠かせない存在です。

適当にゴミを捨てないで、きちんと分別してください。
地球を守るために、リサイクルに関するルールが細かく決められています。
誰か1人でもルールを破ると、地球環境が悪化します。
資源を使いきったら、生き物が生活を送れなくなります。
自分たちの生活が原因で、後世の生き物が平和な暮らしを送れなくなるという事態が起こらないようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る